在宅保健師の仕事内容

在宅保健師の仕事内容

在宅保健師とはあまり聞き慣れない職業ですが、文字どうり在宅で仕事を行う保健師です。保健師として働いているのは女性だけではなく、男性も働いていますがやはり圧倒的に多いのは女性です。しかし女性の場合は男性と違って結婚や出産などがあり、止むなく離職を余儀なくされるケースも少なくありません。

 

そのため再び保健師に復職したくても育児や家事などの家庭の事情で、なかなかそれができない保健師が多いのも事実です。しかしそんな保健師にも、自分の家でできる仕事が在宅保健師です。在宅保健師の具体的な仕事内容ですが、もっとも多いのが区町村の保健組合などに登録をして自治体の保健組織からの依頼に応じて行うケースです。

 

そのなかでも特に多いのが子育て支援で、役所などの子育て支援のサポートを在宅でしている保健師はたくさんいます。またその他にも衛生や保健の指導をしたり、あるいは講習会の講師などの仕事を行っている在宅保健師も少なくありません。いずれにしても在宅保健師の場合は子供など家庭を持っている女性が多いため、保健師としての知識や経験だけでなく母親としての支援を行える点が大きなメリットとなります。

 

また在宅保健師の場合はレポートなどの仕事があっても、子供を寝かし終えてから行うことができます。常勤で再び保健師に復職したくてもできない女性にとって、在宅保健師の仕事は自分の時間を利用してできる数少ない仕事かもしれません。離職した看護師の方なども同じような問題を抱えていますが、看護師と比べると保健師の方がまだ柔軟性があります。

 

ただ在宅保健師の仕事はスポットの仕事が多く、通常の非常勤のアルバイトや常勤の保健師に比べると仕事の量や収入も少なくなります。しかしそれでも保健師の資格と自分の空いている時間を活かせ、小さなお子さんがいるお母さんにとっては魅力的な仕事と言えるでしょう。問題は在宅保健師の求人情報は、思っている以上に少ないということです。

 

対策としては自治体などの求人情報を頻繁にチェックすることと、保健師の転職サイトなどに登録されることをお勧めします。なぜならば保健師の転職サイトは、自治体などからもよくアルバイトや常勤の行政保健師の求人依頼があるからです。保健師の転職サイトは自治体などとの繋がりがあり、もし貴方が希望されるなら保健師の転職サイトの専任のコンサルタントやアドバイザが、在宅保健師の仕事の紹介もしてくれるかもしれません。

保健師求人サイト人気ランキング