地方公務員の保健師求人

地方公務員の保健師求人をお探しなら

保健所や保健センターで勤務する地方公務員の保健師は「行政保健師」と呼ばれます。行政保健師は2種類に分けられます。都道府県が設置した保健所で働く保健師と、地方自治体の保健センターで働く保健師です。

 

都道府県の保健師は、広域的で専門的な業務を行うことになります。障害者や難病患者への保健サービスや新型の病原体に対する危機管理、医療システムの整備なども手掛けます。広域的な仕事が主になるため、疫学や統計など知識が必要になることもあります。

 

市町村が設置した保健センターなどで働く保健師は、地域住民により密着した仕事が主になります。高齢者や新生児のいる家を訪問したり、健康相談や健診などを行ったりします。近年よく問題になる子どもの虐待などが起こらないよう、保護者からの相談を受けるのも市町村の保健師の仕事です。

 

都道府県の保健師は、広い視野で客観的な判断をする能力が求められます。市町村の保健師は地域の必要性や個人の問題に合わせた柔軟な対応力が要求されます。

 

公務員の保健師は、とても人気が高くなっています。安定した職業であることや、比較的高給与であることが、その理由です。

 

保健師の求人は、その仕事の特性から、ひとつの職場に採用される人数は少数です。良い条件の職場は、それだけ競争率も高くなります。また、長期的な経験を積む必要があり、良い職場ほど離職率も低いことから、新たな求人が出にくいことも、競争率を高める要因になっています。

 

地方公務員の保健師は、公務員ですから、採用されるためには当然、公務員試験を受ける必要があります。都道府県や自治体ごとに、日程や問題の傾向などが違いますので、希望の勤務地に合わせた対策をしていく必要があります。

 

各自治体の広報誌やサイト、大学などに募集要領が出ることもありますが、すべてをチェックするのは大変です。勤務地にこだわりがあるのなら少しは探しやすくなりますが、勤務地を限定してしまうと、複数の採用試験を受けられるというメリットが活かせなくなってしまいます。

 

地方公務員の保健師求人を探すなら、医療系の転職支援サービスを利用すると効率が良くなります。
医療系転職支援サービスに登録すると、地方公務員の募集情報や試験日程を教えてもらえるだけでなく、傾向などの試験対策もサポートしてくれます。

 

地方公務員は競争率が高く、試験に合格するのも大変です。試験の勉強集中できるよう、転職支援サービスを上手に利用しましょう。

保健師求人サイト人気ランキング