保健師の採用対策

保健師の採用対策

保健師の採用対策ですが保健師の働き方もいろいろあって一概に言えませんが、保健師のおよそ8割が市町村の保健所や保健センターで働く行政保健師です。そこで今回は行政保健師を例にとって、保健師の採用対策を考えていきましょう。まず行政保健師は公務員になるので、公務員採用試験に合格しなければいけません。

 

公務員採用試験に合格するには、どうすれば良いのかをアドバイスしていきます。公務員採用試験の大まかな流れですが、ご自分が受験したい都道府県や市町村の保健師の採用情報を調べます。行政保健師の求人は、都道府県や市町村のホームページに掲載されます。行政保健師の求人があった場合は、締め切り日までに試験の申し込みをします。

 

1次試験は教養試験・専門試験に、小論文が出題されるのが普通です。教養試験は本屋で公務員試験の過去問題集がありますので、これを購入して勉強されると良いと思います。注意しなければいけない点は、教養試験の点数が悪いと足切りするところもあります。その場合は、専門試験の採点さえされないこともあります。

 

次に専門試験ですが、保健師に関する専門的な知識が問われます。これは保健師の国家試験で出題されたような内容なので、もう1度問題集などで復習されるといいでしょう。小論文については地方自治体のホームページに、過去の課題が掲載されている場合もあるので調べてみてください。

 

2次試験は普通、面接試験と身体検査が行われます。面接試験は個別に行われるとこと、集団で行われる自治体とあります。いずれの場合もできるだけ情報収集をして、面接に備えてください。特にあがり症の方などは、事前に質問される内容が分かっていれば準備もできると思います。次に1次試験と2次試験に合格すれば、採用名簿登録に内定が決まります。

 

内定後の手続きですが履歴書と保健師の免許状の提出に、誓約書にサインをして終了です。試験が実施される時期は、各自治体によって異なります。たとえば東京都特別区などは5月で、都道府県や政令指定都市の場合は6月に行われます。また市町村の場合は9〜10月以降に行われる場合が多いです。

 

あと注意する点は公務員試験の教養試験に出題される「数的処理」で、判断推理・数的推理・資料解釈・空間把握などの問題が出題されます。いずれにしても面接などに不安がる方は、保健師の転職サイトにご相談されると良いかもしれません。

保健師求人サイト人気ランキング