訪問看護ステーションの保健師求人

訪問看護ステーションの保健師求人をお探しなら

1992年に老人保健法が改正され制度化された訪問看護ステーションには、病院に併設されている訪問看護ステーションと看護師や保健師の方が独立開業して開設した訪問看護ステーションとあります。訪問看護とは自宅で療養する高齢者や障害を持った方のご自宅を訪問し、病気や障害を持った人が住み慣れた家でその人らしい生活を送れるようにするのが目的です。

 

65歳以上の高齢者の人口が総人口に占める割合のことを高齢化率と呼びますが、この高齢化率が7%を超えると高齢化社会です。日本は1970年に高齢化率が7%を超え、高齢化社会に突入しました。さらに14%を超えると高齢社会と呼ばれますが、1994年には14%を超えています。さらに高齢化率が21%を超えると超高齢社会ですが、日本も2007年には、ついに超高齢社会になりました。

 

今後も高齢者の人口は増加を続け2015年には26.0%、2050年には35.7%に達すると推定されています。訪問看護ステーションではこの超高齢社会に対応するために、看護師や保健師が各家庭を訪問して通院することができない高齢者や障害を持った方がたに対して在宅ケアを行っています。

 

日本も超高齢社会になり、訪問看護ステーションが果たす役割も高まっています。訪問看護ステーションはこれまでどちらかと言うと看護師の仕事というイメージがありましたが、最近では保健師の求人も増えています。これは訪問看護の仕事が医療行為よりも、高齢者や障害を持った方がたに対しての介助がメインだからです。

 

特に看護師として働いた経験がある保健師の、求人ニーズは需要がとてもあります。訪問看護ステーションでの具体的な仕事は訪問先での食事や排泄の介助の他に、床ずれの手当や予防や体温・脈拍・血圧などの測定などです。もちろん点滴や注射などの医療行為から、傷の手当や痰の吸引やカテーテルの交換や管理などさまざまです。

 

訪問看護ステーションの保健師求人をお探しなら、保健師の転職サイトをご利用されるとさらに広い範囲で探すことができます。特に訪問看護ステーションの保健師の求人情報は、保健師の転職サイトをお勧めします。ハローワークや求人情報誌などでは、病院併設型の訪問看護ステーションの求人情報がほとんどだからです。保健師の転職サイトであれば、貴方が希望するような雇用条件の訪問看護ステーションの保健師の求人募集を見つけることができるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング