契約社員・派遣の保健師

契約社員・派遣の保健師求人をお探しなら

保健師の資格を取ってすぐに、一人前に仕事がこなせるかというと、そう簡単にはいきません。保健師の仕事は多岐にわたっていますし、働く場所によってもやるべきことが変わってきます。最初は先輩の保健師について、現場での技術を身につけていくことになります。

 

現在、不足しがちな保健師ですから、募集する側も即戦力を欲していることが多く、経験を積んだ保健師を求める求人が多くなります。
余裕のある企業や自治体なら新人保健師を採用して育てていくこともありますが、教育する時間を惜しむケースが多いようです。雇用してすぐに一人前の保健師として働けることを前提に募集していることも少なくありません。

 

では、新人保健師はどのように経験を積めばよいか、と考えると、ひとつは未経験者でも良いという求人情報を探す方法があります。
企業で働く産業保健師の場合、新人でも良いという募集が比較的あるようです。

 

もうひとつの方法として、まずは契約社員や派遣として働くという方法です。自治体の場合、基本的に正職員の採用は春に1度だけですから、これを逃してしまった場合、契約社員や派遣という形で働くのはおすすめです。

 

契約社員や派遣は、先輩保健師を補助する仕事が多いので、経験を積むにはちょうど良いと言えるかもしれません。アシスタントとして先輩保健師を見習いながら実務をすることで、着実に経験を積んでいくことができます。

 

ほとんどが時給制ですから、残業や深夜手当などがなければ収入は低くなってしまうことも考えられますが、派遣会社の社員として派遣されるため、社会保険や雇用保険、労災保険などは完備されています。派遣会社によっては、研修制度や福利厚生などがついているところもあるようです。

 

別の就職先が決まっていたり何か予定があったりなど、期間限定で働きたい場合にも、契約社員や派遣は良い働き方と言えます。復職への足掛かりにするのも良いでしょう。

 

特に企業の場合、方針を定めるために、独立した部署として産業保健師を設置する前に派遣の保健師を置いてみようと考えることもあります。こうしたケースの場合、本採用につながる可能性が高くなります。

 

どういった目的での募集なのかを知るには、保健師専門の求人情報サービスが役立ちます。
担当者がきちんと募集について話を聞いているので、どういった職場なのか、どのような働きを望まれているのかを、事前に聞くことができます。経験が浅くても良いのか、短期的なアシスタントが必要なのか、本採用の可能性があるのか、自分の望む働き方ができる職場を選びましょう。

保健師求人サイト人気ランキング