学校の保健師求人

学校の保健師求人をお探しなら

保健師が活躍できる場のひとつに、学校があります。大学や専門学校に通う生徒や教職員の健康管理を行う学校保健師です。

 

保健師の資格だけでは、小学校や中学校、高等学校の養護教諭になることはできません。
養護教諭になるには、教職の免許が必要になります。保健師の資格を持っていて養護教諭になりたい場合には、文科省の指定する単位を取得することで免許を得ることが可能です。

 

公立学校の場合は公務員試験となるので、専門知識だけでなく、一般教養や面接試験があります。私立学校の場合は、学校ごとに基準があります。

 

近年、保健師と養護教諭、両方の資格を持つ方が増えてきています。
家庭環境やいじめの問題が複雑化し、学校でのケアに幅広い知識と対応力のある人材が求められているからです。

 

学校保健師は学生の健康管理や学校内での怪我・病気の応急処置だけでなく、多感な時期の若者が抱えるメンタル面の問題にも向き合わなければなりません。社会人や高齢者のケアとは、少し違った視点やコミュニケーションが求められます。

 

救急薬品の点検や管理、医務室の設備の整備といった常備薬や救急体制を常に整えておくことも重要な仕事です。水質検査や照度検査、空気検査など、環境衛生に関わる検査の実施も学校保健師に任されます。

 

ほとんどの場合、学校保健師は施設にひとりですから、多岐にわたる仕事をひとりでこなす能力や知識が必要になります。多くの学生や教職員の健康管理やメンタルケア、さらに設備管理と常に忙しい仕事ですが、やりがいはあるでしょう。

 

最近は少子化の問題から、学校が統合されることも珍しくありません。それに伴い、学校保健師や養護教諭の求人も、減少しています。

 

こうした中で就職先を探すには、保健師に特化した求人サービスが便利です。少ない求人をひとりで探すのは、時間も労力もかかって大変です。専門の求人サービスなら、プロのスタッフが仕事探しを代行してくれるので、効率よく自分に合った求人情報が得られます。

 

また、現在保健師の資格を持っていて、養護教諭免許の取得を考えている方にも、保健師専門の求人サービスをおすすめします。養護教諭に必要な単位の取得方法などのアドバイスが受けられるからです。もちろん、資格取得後には採用試験の情報を得ることもできます。

 

求人情報だけでなく、ステップアップの足掛かりとしても求人サービスを利用してみてはいかがでしょうか。登録無料のサイトがほとんどですから、賢く利用して、自分を磨きながら理想の職場を見つけましょう。

保健師求人サイト人気ランキング