保健師求人の復職

保健師求人の復職

保健師はよく看護師の仕事と比較されますが、保健師と看護師の違いをご存知でしょうか?保健師も看護師もそれぞれ国家試験に合格することが必要になりますが、看護婦の場合は高校を卒業か准看護婦の資格を取得した後に、看護学校で実習後に看護婦の免許を取得します。一方は保健師の場合は看護師の資格を取得して、1年間の保健師養成課程を経て保健師の免許を取得します。

 

保健師と看護師はどちらも保健師助産師看護師法という法律で定められた国家資格ですが、保健師は看護師の資格も取得しているので看護師として何年間か、病院などの医療機関で働いた後に保健師に転職するケースも少なくありません。勤務先も看護師の多くが病院などの医療機関なのに対して、保健師の多くは市町村の保健所などで働く行政保健師と呼ばれる公務員です。

 

また看護師の場合は、離職率がとても高い職業のひとつだとも言われています。病院などに勤務する看護師の場合は、夜勤や休日出勤など過酷な勤務状況が原因で転職や離職が多いことはよく知られています。そのため慢性的な看護師不足が、どこの地域でも問題になっています。ただ言い換えれば、離職した看護師の場合は復職も比較的に容易だと言えます。

 

では保健師の復職はどうでしょうか?保健師の場合はおよそ8割が行政保健師と呼ばれる公務員なので、看護師と比べると転職や離職が少ないようです。それでも看護師もそうですが、保健師の多くは女性です。女性は男性とは違い、出産や子育てがあります。そのため結婚や妊娠をきっかけに、離職したり休職する保健師は当然います。

 

ただ行政保健師は公務員なので、妊娠や出産などの休職には民間の会社などよりは理解がある職場です。そのため休職届けを提出すれば、復職はそれほど難しくはありません。その期間は臨時職員として別の保健師が代役を行ってくれます。保健師を退職した場合の復職ですが行政保健師の場合は、民間の企業と比べると年齢制限があるので常勤としての復職はかなり難しくなります。

 

それでも民間の産業保健師などであれば、年齢制限も緩やかで経験者の保健師を求めています。また常勤ではなく非常勤であれば、アテンドナースの保健師求人やコールセンターなど保健師の求人はあります。ただ保健師の求人案件は看護師と比べると、少ない上に人気があります。そのため保健師の復職を考えている方は、まずは保健師の転職サイトに登録してみては如何でしょうか。専任のコンサルタントやアドバイザーが、復職についていろいろ相談に乗ってくれると思います。

保健師求人サイト人気ランキング