独立・開業する保健師

独立・開業する保健師

保健師が独立・開業していることはあまり知られていないかも しれませんが、実際に医療や看護の分野では医師・歯科医師・助産師などの職種はすでに多くの人が独立・開業しています。実は看護師も訪問看護ステーションなどを開業していて、その存在は社会的にもすでに認知されています。保健師も特定保健指導実施者として機関登録をすることが可能となり、なかには法人化する開業保健師もいます。

 

保健師も行政保健師・学校保健師・警視庁に勤務する保健師などの公務員と、民間会社で働く産業保健師と2つに分類できます。行政保健師は市町村の保健所などで働く保健師で、産業保健師は産業医や衛生管理者などとチームを組み企業で働いている従業員の健康管理や健康診断など行います。

 

独立・開業している保健師にも、大きく2つのスタイルがあります。ひとつは1992年の老人保健法の改正で制度化された訪問看護ステーションを開業して、訪問看護を行っている保健師です。訪問看護ステーションとは自宅で療養する高齢者などに訪問看護サービスを提供するもので、看護師や保健師が開業できる制度です。

 

それまでは看護系で独立して開業できるのは助産師だけでしたが、老人保健法の改正によって看護師や保健師にも開業が認められたのです。さらに1994年からは、サービス利用者の対象が一般患者にも拡大されました。ただ訪問看護ステーションはサービスの料金が安いことや従事者の給与が低く設定されているなど、経営難に陥るステーションが増加するなどしています。

 

もうひとつの独立・開業している保健師は、自社で産業保健師を採用したくてもできない中小企業や小規模の工場などと契約して、働いている従業員の健康管理や施設の管理を行っています。 産業保健師は産業医や衛生管理者などとチームを組み、企業で働く方々の健康管理だけでなくメンタルヘルスも行います。さらに最近では海外出張から帰国した、社員の感染症対策も行っています。

 

「保健師が開業して儲かるの?」と思っている人も少なくないと思います。答えは「イエス」とも「ノウ」とも言えます。それは貴方のガンバリ次第だからです。これから保健師を目指す方や保健師への転職を考えている人は、まずは保健師の転職サイトに登録してみては如何でしょうか。独立・開業して成功するかどうかは、保健師としてしっかりキャリアを積みできれば顧客を作ることです。

保健師求人サイト人気ランキング