治験コーディネーターの保健師の仕事内容

治験コーディネーターの保健師の仕事内容

治験コーディネーターは一般的にはCRC(CRC:clinical research coordinator)と呼ばれ、治験コーディネーターの保健師が勤務するのはSMO(Site Management Organizations)です。SMOとは治験施設支援機関のことで、新薬の治験を行う病院などの医療機関のことです。治験とは医薬品や医療機器などを市場で発売する前に、薬事法に問題がないかを調べるために行われる臨床試験のことです。

 

新薬の治験に関わる保健師の仕事には、臨床開発モニターの仕事と治験コーディネーターの仕事があります。臨床開発モニターはCRA(Clinical Research Associate)と呼ばれ、CRO(Contract Research Organization)に勤務します。CROとは受託臨床試験実施機関のことで、治験を製薬会社から委託されます。

 

どちらもよく似た仕事ですが製薬メーカーをサポートするのがCROで、医療機関をサポートするのがSMOの仕事です。SMOの仕事にも治験コーディネーターと、SMA(Site Management Associate)と呼ばれる治験事務局の仕事があります。治験事務局の仕事は治験を実施する場合に必要な書類の作成・管理・保管と、治験を始めるまで依頼主の製薬会社と医療機関との間に立っての調整役です。

 

治験コーディネーターの保健師の仕事内容ですが、製薬会社と医療機関との治験スケジュールの調整を行います。そして治験を行う前に、被験者の方へ治験内容の説明をします。 この時に被験者の治験に対する不安や懸念に配慮しながら、治験に参加する意義や危険性も説明します。 また治験が始まったら、医師・薬剤・検査など治験担当者の調整も行います。

 

さらに被験者は治験中に精神的に不安定になりがちなので、治験中の被験者のケアやサポートを行います。また治験の実施中だけでなく治験が終わったあとも、被験者の疑問や質問に答えたり対応するのも治験コーディネーターの保健師の大事な仕事のひとつです。治験中の資料を管理したり、治験結果の資料を作成します。

 

最近では新薬の開発を行っている製薬会社も多く、治験コーディネーターの保健師の求人募集もよく目にします。ただ他の保健師の仕事とは違い、治験コーディネーターの仕事は少し特殊な仕事です。もし治験コーディネーターについてもっと詳しい情報が欲しい方は、保健師の転職サイトに聞かれるのが1番良いかもしれません。

保健師求人サイト人気ランキング