企業のコールセンターの保健師の仕事内容

企業のコールセンターの保健師の仕事内容

保健師の仕事は公務員の保健師と、一般の民間企業に勤務する保健師と大きく2つに分類されます。公務員として働く保健師の仕事と言えば、市町村などの保健所や保健センターで働く行政保健師や学校や警視庁で働く保健師です。一般の民間企業で働く保健師は、産業保健師や企業保健師と呼ばれている保健師のことです。

 

最近この一般の民間企業で働く保健師に人気が集まっているのが、一般企業のコールセンターで働く保健師の仕事です。保健師がなぜコールセンターで働いているのか接点がないようにも思えますが、実は保健師としての知識や経験が活かせる仕事なのです。保健師を求めているコールセンターにも薬品や健康器具などの販売サポートを行うコールセンターと、企業で働く従業員の健康診断や健康相談を行う産業保健師のコールセンターとあります。

 

薬品や健康器具などの販売を行っている会社では、カスタマーサービスの一環としてコールセンターを設置しているところも少なくありません。これまでは特別に薬品や健康器具に関する専門知識が無い人も採用していましたが、最近では看護師の資格も持ち健康診断や健康相談などを行っている保健師に注目が集まっています。

 

考えてみれば健康に関する専門知識があり看護師の資格も持っている保健師にとって、コールセンターでの仕事は最適の仕事かもしれません。もうひとつのコールセンターで働く保健師の仕事は、これまでは1社の産業保健師として働いていた保健師業務を、複数の企業と契約するコールセンターで働くスタイルです。

 

どちらの場合も薬品・医療・看護・介護・健康などに関する電話での相談業務で、保健師としての知識や経験が活かせます。常勤の場合もありますが、多くは既婚者の保健師や子育て中の保健師がアルバイトとして働いています。これは自分の希望する時間帯で働けるからです。さらに一般の人と違い専門分野での知識がある保健師にとっても割が良いアルバイトだからです。

 

ただし薬品や健康器具などの販売を行っている会社のコールセンターでは、看護師として臨床経験がある保健師が求められるケースが多いようです。残業もないコールセンターでの仕事は人気も高く、たとえ求人募集があってもなかなか採用されないこともあるようです。その点保健師の転職サイトであれば、事前に求人先のコールセンターの情報を教えてくれます。コールセンターでの勤務を希望される方は、保健師の転職サイトでの登録をお勧めします。

保健師求人サイト人気ランキング